カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

カードローン審査に落ちる原因を知る

審査に通るコツとしてはまずカードローン審査に落ちる原因をしっかりと知っておくことが必要です。 ですが金融機関に問い合わせてみても審査に落ちた理由というのは原則教えてもらう事が出来ません。 この理由としては審査に落ちた会社に再度申し込みを行った時、審査に落ちた理由を隠して申請されてしまうからです。 虚偽の申請をされてしまうと審査をする側は正しい判断ができません。 なので審査に落ちてしまう原因というのは自分でしっかりと考える必要があります。

どうすればいいのかというと一般的にカードローンの審査に落ちる原因を知るのです。 例えば年収の3分の1以上の借金があるかどうか、利用限度額を大きな金額で申請していないか、過去の金融取引において支払いの遅延や滞納がないかどうか、1カ月以内に3社を超える申し込みを行っていないかなどがあります。 一度に何社も同時に応募してしまうとそれだけいい印象を与えることができません。

また中にはスーパーホワイトという場合もあります。 スーパーホワイトとは過去にクレジットカードやローンカードを持ったことがない人で30歳上の人というのは個人信用情報がクリアであるため判断材料となるものがなく、審査が厳しくなってしまう場合のことをいいます。 なのでカードローンを組むときに30歳以上の方でクレジットカードやカードローンを使用したことがない方はクレジットカードでの利用履歴を作る必要があります。

例えばコンビニでの買い物の利用履歴でも全く問題がないのです。 少額の利用履歴でもクレジットカードを使って支払いをし、お金をしっかりと返済したという過程が見込めればスーパーホワイトではなくなり、審査を通過することもあります。 なのでもし他の条件に見当たる節がなく、スーパーホワイトであった場合はすぐにクレジットカードを作成し利用するのをおすすめします。

このように審査を通過する上では様々な条件があります。 なのでしっかりと落ちる条件を知ったうえで、自分が借りるのに適しているかどうかを判断するようにしましょう。 そして思い当たる節があるのであれば、そこを改善し申し込みすると審査を通る可能性が高くなります。