カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

申込書を正確・正直に書く

カードローンを申請を通すコツとして申込書を正確に正直に書くことも一つのポイントです。 カードローンの審査を行う時、まずは申込書を記入して審査を通すのですが、その会社と取引が全くない場合、まず会社はその申込書からすべてを判断します。 その申込書が間違いだらけの場合や虚偽の申告があった場合、まず信頼をしてもらう事が出来ません。 ですから申し込みを行う上では正確にしっかりとした情報を書く必要があるのです。

申込書の中でよくある失敗としては次のような例が挙げられます。 まず電話番号やメールアドレスの間違いです。 電話番号というのは数字が並んでいるものなので、パッと見て気づきにくいものもあるかもしれません。ですが間違った電話番号を記載してしまっていると、申し込みした本人に連絡がとれなくなってしまうのです。 そして結果として信用問題に関わってきてしまいます。

またメールアドレスも同様です。 近年メールにおいてやり取りする業者も増えてきました。なのでこのメールアドレスが間違ってしまっていては連絡を取る事が出来なくなってしまうのです。 特にメールアドレスの場合、アルファベットやコンマやハイフンなど細かい所でのミスがありますのでしっかりと間違えないように記入するようにしましょう。

そしてもっとも審査に大きな影響を与えてしまうのが、申し込み時点での他社からの借り入れ状況になります。 例えば住宅ローンや車のローンを組んだ上でカードローンを利用する際、そのローンについて申告を行わなければいけません。 この時、金額があいまいなため、おおよその金額で申し込みする方もいるのですが、おおよそで間違ってしまっていては大変です。 なので申し込みを行う際はしっかりとしたローンの金額を表記するようにしましょう。

こちらとしては簡単な間違いであるつもりでも詐称として受け取られてしまうこともあり、そうなってしまっては審査も通らなくなるのです。 ですからしっかりと審査を通る為にも申込書はしっかりと丁寧に正確な情報のものを記載するようにしましょう。