カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

審査に低い限度額で申込む

カードローンの審査に通るコツとしてまずは審査に申し込む時に低い限度額で申し込むことです。 銀行カードローンの場合は借入限度額が総量規制の対象外であるため最高額を1000万円などの会社もあるのですが、借入限度額が大きいからと言って大きな限度額を申し込んでしまってはいけません。 お金はあればあるほど確かに楽にはなります。 ですがその分返済も大変になってしまうのです。

また限度額が高ければ高いほど審査基準も厳しくなってしまい、借入することができなくなります。 審査の基準としては50万円以下の場合であれば審査が通過しやすいといわれています。 また限度額を低く抑えていることはそれだけ返済計画をきちんと考えているという印象を与えられます。 特に初めての取引の場合、その会社との信頼関係はまだ築けていません。 なので信頼関係を築くためにも返済計画をきっちりしている印象を与えることができる低い限度額での申し込みがおすすめです。

最初に審査を通過し、しっかりと返済していけば後々、限度額をあげる再審査をうけると審査を通過し限度額の上限を上げることが可能になるのです。 ですから最初は低い限度額で申し込みを行い、後々増額をするのを見据えたうえで申し込みするのが賢い方法です。

特に銀行カードローンの場合は審査が厳しくなっています。 なので最初の内は限度額を低く抑えて置いて審査を通過することを優先させるのをおすすめします。 高い限度額で最初から申し込んでしまうと判断が困難になってしまい、審査が通らなくなってしまう可能性も高いのです。

またパートやアルバイトなど正社員に比べて審査が厳しくなってしまう方の場合も限度額をできるだけ低く申し込みすることをおすすめします。 そうすることにより審査基準が低くなり、通過しやすくなるのです。 お金を借りるという事はしっかりと返済を視野に入れなければいけません。なので限度額目いっぱい借りるような必要がない場合は必要最低限の金額を申請するようにしましょう。 そしてしっかりとした返済計画をもって返済していくことが一番いい方法です。