カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

カードローン審査の属性とは

またカードローン審査において重要なポイントとして「属性」も挙げられます。 属性というのはお金を借りようしている人の情報すべてのことを言います。 氏名はもちろん、年齢や年収、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、居住年数、居住形態、家族構成、健康保険の種類、電話といった個人に対する情報です。

こういった属性はパソコン上で自動的に点数化されており、審査の判断材料となるのです。 この点数によって銀行や消費者金融は貸すか貸さないか、またどれくらいの融資を行っても大丈夫であるかを判断します。 ではどのような属性が有利になるのでしょうか?

年齢でいえば若い人よりも高いほど評価が高くなります。 ですが20代後半から30代の場合、借入を行うメインの年齢でもあります。 なのでこの年齢は評価を高めにしている会社もあります。 次に職業や勤務先、雇用形態でも大きく変わってきます。 こちらの要素の中で一番スコアが高くなるのは公務員や大企業に勤務している方です。 自営業の場合はたとえ収入が多くあったとしても、評価は低くなってしまう事が多いです。

雇用形態もパートやアルバイト、派遣社員よりも正社員の方が有利になります。 また勤続年数においても長ければ長いほど属性のポイントは加算されていきます。 そして年収も高ければ高いほど高評価となります。一般的な高評価の目安としては年収400万円以上です。200万円未満の場合は評価が低くなる傾向にあります。

続いて居住形態についてですが、こちらの場合は持ち家を持っている方のほうが高評価となります。 居住年数も長ければ長いほど評価は高いです。 そして家族構成についてですが、独り身で別居である人物よりも独り身で家族と同居している方のほうが評価が高くなります。 この家族構成の場合、親と同居している場合がもっとも評価が高くなるのです。

この様にそれぞれの属性においてポイントを加算していきポイントが高ければ高いほど審査には有利に働くのです。 自分がどの属性にいるのかを知っておくと審査を通過できるかどうかも判断しやすいかもしれません。