カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

カードローン審査の個人信用情報とは

カードローンを借り入れる際の個人の信用情報というのは非常に重要です。 個人信用情報とは融資やクレジットを利用した際に必要となる個人の信用度を表した情報です。 個人信用情報には大きく分けて4つあり、賃金業者のこれまでの借入額がどれぐらいあるのかの借入履歴、今までの支払い状況の情報である支払履歴、最近どのようなローンに申し込みをしたのかの情報である照会履歴、延滞や破産などがあるかの金融事故歴などがあります。

ではこの個人信用情報というのはどこで調べられるのでしょうか? 現在日本では個人信用情報の取り扱いを行っている個人信用情報登録機関が3社存在します。 全国銀行個人信用情報センター、CIC、日本信用情報機構の3つです。 全国銀行個人信用情報は全国の銀行や信用金庫、信用組合などが加盟し使用している会社でCICはクレジット会社が加盟し使用しているものになります。 そして日本信用情報機構は消費者金融が加盟し使用しています。

この様にお金を借入する機関ごとに個人信用情報を取り扱っている会社が異なるのです ですが、システム上CRINというシステムを利用してそれぞれの個人信用情報を相互で利用できるようになっています。 では個人信用情報には主にどのような記録がされているのでしょうか?主に氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、限度額、返済回数、返済状況、残高、事故情報が書かれています。

これまでに借りたお金に関しての情報や個人情報がこの個人信用情報で全てわかるようになっています。 また記録されている期間についてですが、これは信用情報機関によって大きく異なります。 例えば自己破産の場合、全国銀行個人信用情報センターと日本信用情報機構の場合は約10年、CICで7年と差があります。

自分の信用情報については所定の手続きを行えば閲覧が可能になっています。 なので借入をする際に個人情報を知りたい場合は、調べてみてもいいでしょう。 そのうえで借り入れができるかどうかを判断し申し込みを行うのも一つの方法といえます。