カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

カードローン審査の基準・ポイント

審査基準とはお金を貸す際にとって非常に重要な要素になります。 一般的な審査基準としていくつかの基準があります。 まずは年齢です。 カードローンの審査の年齢の基本は多くの場合20歳以上から65歳未満までの方が対象です。 未成年の方はまずお金を借りることができません。そして定年の平均的な年齢である65歳以上の方も返済能力がないとなってしまいます。

次に住所です。 住所を審査する上での基準としえては借入する本人との連絡が取れる場所がしっかりとあるかどうかです。 ですから住所を確認した時に不確定の場所であったりする場合は審査基準を満たしていません。 そして住所と同様に勤務先も審査の基準です。 勤務先をなぜ申告しなければいけないのかというとそれは返済能力ができるかどうか、もしも返済が遅れた時の連絡先の確保となっています。

次に収入です。 この収入というのは審査をする上で非常に重要な要素となります。 実際消費者金融のカードローンでは収入の3分の1以上の貸し付けをを行うことはできない総量規制があります。 なので年収というのはお金を借りる上でも借りられるかどうか非常に重要な要素なのです。 銀行の場合総量規制の対象外となっているのですが、銀行側もその人物の年収に応じて借入の限度額を設定しています。 銀行カードローンは消費者金融とくらべてみても限度額が大きくなっています。 だからといって誰もが大きい限度額まで借入できるのではないということを理解しておきましょう。

最後に最も重要な基準ポイントとして挙げられるのが返済履歴になります。 返済履歴というのは、例えば住宅ローンや車のローン、クレジットカードの返済などで延滞がないかです。 返済履歴がクリアな方の場合は問題はありませんが、他社の返済に延滞があった場合は審査を通過しない可能性が大きいです。 特に半年以内に滞納がある方の場合や3カ月以上連続して返済が遅れている場合というのは信用問題に大きくかかわってきます。 なのでそういう方はほとんど借入することができません。

審査に落ちてしまった方の中で他に問題がなかった場合、この返済履歴に問題がある場合が多いです。 以上がお金を借りる上での審査基準となります。 この審査基準をしっかりと満たさなければ、審査を通過することができないので、借り入れをお考えの場合はまずは審査基準を満たしているかを確認してから行うようにしましょう。