カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

カードローン審査の必要書類

次にカードローン審査を受ける際に必要な書類です。 カードローンを借りる際には必要な書類を提出しなければお金を借りることができません。 必要な書類というのは実は申し込み方法によっても大きく異なってきます。 ですがどのカードローンでも必要な書類というのがあります。 それは身分証明書と健康保険証です。

身分証明書というのは借入する際に信用を得るために必要になります。 身分証明書として提出するものとしてはまずは健康保険証が重要な書類として必要になります。 健康保険証というのは社会保険に加入している場合、借入する人物が働いている場所というのがわかります。 また正社員で働いているのかなどの働き方も健康保険証で確認できます。

ですが健康保険証の場合、顔つきの証明書ではないため本人の確認ができません。 その時に運転免許証やパスポートなどの顔つきの証明書が必要になります。 こちらの2つというのは顔と住所が載っているので、身分を証明するには十分な書類です 通常の身分証明書であればどちらかのもので十分な効力があるのですが、カードローン会社ではお金を貸し借りするため、会社や働き方、顔や住所をしっかりと知る必要があります。

ですから身分証明書として提出する際は、健康保険証と顔つきの証明書を同時に提出することが望ましいです。 審査に確実にとおりたい場合は、まずはこの身分証明書と健康保険証をしっかりと揃えるようにしましょう。 運転免許証やパスポートがない場合は住民票や印鑑証明など公的証明書を添付するのが望ましいです。 その他に一定の金額以上を借り入れる際は所得証明書が必要になります。

この所得証明が必要な場合というのは業者ごとによって金額が異なってくるので、業者の指示や借入する金額と見合わせ用意しなければいけません。 収入を証明する書類としては給与明細や源泉徴収票、納税証明書、所得証明書、確定申告書などになります。 こうした証明書のコピーをカードローン会社に送ることにより所得を証明します。 カードローンの申請を行う際は、上記の書類をしっかりと用意するようにしましょう。 申し込みを行った場合、返送用の封筒が届くまでに用意しスムーズな手続きを行う事をおすすめします。