カードローン審査に落ちないコツ

審査に通らなけらば融資を受けることはできません!このサイトでしっかり準備しましょう。

カードローン審査の流れ・期間

ではカードローン審査の流れというのはどのようなものなのでしょうか? まずカードローンの審査は基本的に仮審査と本審査の2段階に分かれて行われます。 仮審査というのは一般的な情報を元に審査をしていきます。 例えば勤続年数や年収といったその人がお金を借りる時に最初に記述する条件です。

この仮審査というのは比較的早くに結果がわかることが多く、インターネットでの申し込みの場合は数分で審査結果が出るのがほとんどです。 カードローンを申し込んだ際にこの初期の仮審査の段階で落とされる場合、申し込み年齢ではない場合や収入が少ない、勤務年数が短い、他社からの借り入れが多いなどの理由が考えられます。 なので仮審査に通らないときは、現段階で借りられる状態ではないと判断されたので他の業者でも融資を受けられる可能性は限りなく低くなると思ってもいいと思います。

ですがこの仮審査に通ったからと言ってすぐに本審査も通るわけではありません。 仮審査には通ったが本審査に移行した時にすぐに落とされる方も非常に多いのです。 ですから実際に審査の上で重要視しなければいけないのは本審査になります。 本審査とは仮審査とは違い、人の手によって審査が行われます。人が審査するので、それだけ審査基準は厳しくなり、時間もかかってしまいます。

また審査をする基準もかなり細かくなります。 例えば申請内容の虚偽がないか、本人確認書類による本人確認ができるか、職場などに在籍しているのかどうかまた、借り入れする人物の過去の借り入れ状況や返済状況を細かく確認していきます。 過去の借り入れにおいて延滞トラブルがあった場合や、他社で借り入れている金額が多い時は融資が難しくなるケースも多いです。

そして本審査の審査基準というのは金融機関によって大きく異なってくるのが特徴です。 なので金融機関の基準が厳しければ厳しいほど融資を受けるのが難しくなります。そして期間も仮審査の時よりも時間がかかる場合が多いです。 その後本審査を通過した方のみ、貸出条件が制定され金利や限度額の貸し出し条件を決定し融資を受けることができるのです。 このように審査には仮審査と本審査の2段階があるということをしっかりと理解しておきましょう。